satuei.com

七五三の撮影方法

七五三の撮影をする際には、基本的には当日の人が多いです。しかし、子供のことを考えると、「前撮り」「後撮り」がおすすめです。そうすることで、負担が減るのはもちろん、当日と違う衣装を着ることもできます。まずは、七五三当日の流れを確認してみましょう。

七五三当日の流れ

着付け・ヘアメイク

初めに着付け・ヘアセット・メイクを行ないます。着物の場合は、身に付けるものが多いので、着付けに時間が掛かってしまいます。また、七五三当日は大変込み合っているので、早めに予約を取っておくことが大切です。

神社に参拝

着付けやヘアメイクが終わると、神社で七五三の祈祷を受けます。多くの人は、地域の神社に行くので、神社も混み合ってしまいます。そのため、混み具合も予想して予定を立てておきましょう。

記念写真撮影

お参りが終わると、フォトスタジオに戻って記念写真を撮影します。撮影方法は様々で、子どもだけではなく、両親や祖父母も一緒に撮影することができます。子どもが機嫌を損ねないように、撮影の際には工夫しましょう。

神社の撮影スポット

神社によっては、撮影スポットを用意している場合があります。人が多いため、時間を掛けて撮影をすることはできませんが、神社でも記念撮影をすることができます。しかし、撮影禁止の建物などもあるので、マナーは守りましょう。

前撮り撮影で可愛い笑顔を抑えよう!記念撮影の魅力

スタジオ

記念写真で思い出を残そう

大阪の百日記念や七五三などにフォトスタジオで撮影をすることによって、思い出が増えます。また、成長を感じることができるので、しっかりプロに撮影してもらいましょう。しかし、七五三の際には、撮影後にお参りに行くため、子供達の負担が大きくなってしまいます。そういったことがないように、記念撮影をする際には前撮りがおすすめです。前撮りなら、当日に比べて費用が安く、ゆったりと撮影をすることができるので、子ども達の機嫌もとりやすくなります。5月頃から前撮り撮影が開始されるので、ご家族のタイミングに合わせて選ぶようにしましょう。

前撮りのポイント

前撮り撮影をする際には、親子撮影がおすすめです。子どもだけで撮影をする人が多くいますが、まだ幼い子だと、緊張で機嫌が悪くなり撮影に時間が掛かってしまいます。そのため、不安を解消するためにも両親も一緒の撮影が良いのです。岡山で撮影する時、男性はスーツ、女性はワンピースなど、入園式をイメージした格好がおすすめです。せっかくの記念の日なので、家族で思い出を残しましょう。

子供にオシャレをさせよう!

子どもの成長は、とても早いものです。そのため、日常でも思い出を残しておきましょう。学校の行事はもちろん、旅行でも思い出を作ることができます。また最近は、携帯のカメラの質も上がってきているので、携帯でも綺麗な写真を撮ることができます。なので、オシャレな韓国の子供服を着せると、日常でもオシャレな写真を残すことができます。最近の子供服は着やすく、質が良いだけでなく、オシャレなので、おそろいのコーディネートなどをしてお出かけすると、子どもも喜びます。

写真を習慣づけよう!

記念の日だけでなく、日常的に写真を撮っておくことで、子どもだけではなく、家族全体の思い出が増えます。また、子どもの場合、堅苦しい撮影だと緊張して個人の良さを出すことができません。しかし、日常的に取っている写真なら、自然な表情を引き出すことができるので、おすすめです。また、カメラに慣れさせることで、写真撮影の時に緊張を緩和することもできます。