スキンケア

アトピーケアは低刺激化粧品をチョイス!~敏感肌にフィットする~

開発に差が出ています

フェイス

現在アトピー用の基礎化粧品はどんどん機能性の高いものが出てきており、炎症を抑える効果もある、アトピー症状改善可能な化粧品まで出てきており、人気もあります。 その一方で、コスメ化粧品に関してはまだアトピー用のものは少なく、これから種類は増えることは見込めるものの、試せる商品が少ないことが言えます。

View Detail

肌に合うことが一番です

保湿

アトピーの人にとって保湿は最も大切であり、添加物が少ない化粧品を選択することも求められます。しかしながら対応する化粧品であっても必ずしも自身の肌に合うとは限らないため、様子をみながら使用することが大切です。

View Detail

最も注意すべきこと

笑顔

アトピー肌の方は、使用する化粧品に注意を払う必要があります。特にファンデーションなどを落とすクレンジング剤は注意が必要です。肌に大きな負担をかけるクレンジング剤は使用せず、オイルでファンデーションなどを落とすようにしましょう。

View Detail

低刺激性の商品がおすすめ

クリーム

成分表示に十分注意を

アトピー性皮膚炎の人が化粧品を使う場合、肌に刺激を与えないものであることが第一条件となります。化粧品に使われている成分自体が特にアトピーに対して悪いわけではない場合でも、ちょっとした刺激でアトピーの症状が悪化してしまうことがあるからです。アトピーを持っていても、女性であれば紫外線対策や乾燥対策などのために化粧品を使わないというわけにはいきません。そこでなるべく肌にやさしく作られた化粧品を使用することが大切です。かつて化粧品には表示指定成分だけを表記すればよかったという時代があり、その当時はラベルに書かれた成分が多いか少ないかで肌への刺激の有無を判断することも可能でした。しかし現在では原料として使われている成分すべてが表記されていることがほとんどなので、十分注意して刺激の少ない化粧品を選ぶ必要があります。

アルコール不使用の商品も

アトピーを持っている人でも使いやすいように、低刺激性化粧品というものが開発されています。この低刺激化粧品には、表示指定成分であるパラベンその他の刺激のある成分が含まれていないのが特徴です。また、植物性の原料の中でも人の皮膚に対する刺激が少ないとされているものを厳選して使用してあります。そのためアトピーの人でも安心して使うことができます。アトピーの人には紫外線も悪影響があるため紫外線対策が欠かせませんが、低刺激性でアトピーにも配慮された化粧品には、肌によくないとされている紫外線吸収剤が使われていないというメリットもあります。健康な人であれば問題のないアルコールもアトピーの人にとっては刺激成分となるので、アルコール不使用の低刺激性化粧品ならなお安全です。